医学部の予備校にはいつから通うのがベストか

医学の道を志したのは、中学3年生の頃でした

私が医学の道を志したのは、中学3年生の頃でした。
既にその当時は進学先となる志望校もまとまっており、正直レベルの高い高校に入学するには間に合わない時期だったと思います。
しかし夢を見つけた私は、そこから必死に勉強をしました。
そしてもともと進学を考えていた高校よりも、偏差値の高いところへ入学できたのです。
とはいえ高校生になって以降、自力で勉強を進めるには限界を感じるようになってきました。
部活やアルバイトも並行していましたので、尚更時間に追われている日々でもありました。
そんなときに父親の方から、医学部対策の予備校に通うのはどうかという提案を受けたのです。
自分にとっては願ってもないようなチャンスでした。
その後私は、部活もアルバイトも辞めてしまいました。
まさか勉強のためだけに色々なものを犠牲にするだなんて、昔の怠けた自分では考えられなかったと思います。
それだけ夢へのエネルギーが凄かったのでしょう。

医学の道を志したのは、中学3年生の頃でした | 予備校に通い始めたのは、高校2年生のゴールデンウィークの時期 | インターネット上にある口コミ掲示板を確認

河合塾東進ハイスクール